株とビットコインで現状打破~人より早くリタイヤしたい

セミリタイアに憧れています。投資・健康面の話題など日々の生活で感じたことを中心に書いていこうと思います。

(将棋)羽生竜王 タイトル通算100期か無冠か

竜王戦スタート

羽生竜王の挑戦者に広瀬八段をむかえて、将棋の第31期竜王戦七番勝負がいよいよ始まりました。

羽生竜王Wikipediaを見たのですが、昨年以降、王位、王座、棋聖の防衛に失敗し、とうとう竜王の一冠のみになりました。昨年から勝率も落ち始めたようで、心配です。いよいよ正念場と言ったところでしょうか。

羽生善治 - Wikipedia

幸先の良いスタート

11日~12日に行われた第1戦は、羽生竜王の勝利。

家に帰ってから、日本将棋連盟竜王戦中継サイトから棋譜を見ました。

終局の場面だけ見ると羽生竜王が圧勝したように見えます。実際は、90手目から始まった広瀬八段の猛攻をうまく凌ぎました。薄かった自陣の囲いが見事なまでに鉄壁となり、広瀬八段の2枚の竜を下段に押し込めました。

見事な受けだったと思います。プロの将棋なので、一方的に攻められることはないとはいえ、久しぶりに羽生竜王の強さを感じさせられた将棋でした。

 マスコミの話題になること間違いなし

タイトル通算100期も無冠転落も、マスコミの話題になるでしょう。羽生竜王の無冠転落は確かに寂しい。何と言っても、王座だけでも19連覇を含め獲得26期。人生48年のうち半分以上は「王座」のタイトルを持っていたのです。それだけでも、羽生竜王の凄さがわかると思います。

初戦は敗退でしたが、広瀬八段がこのまま土俵を割るとは思えないので、白熱した竜王戦を楽しめるのではと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村