株とビットコインで現状打破~人より早くリタイヤしたい

セミリタイアに憧れています。投資・健康面の話題など日々の生活で感じたことを中心に書いていこうと思います。

鬼の棲家B級1組

2月ももう少しで終わり。将棋の順位戦も、昇級・降級をめぐる争いに目が離せません。

A級では、久保王将が最終戦に負けた場合、名人挑戦者を決めるプレーオフになる可能性が高いです。

B級1組では、なんと2勝7敗で丸山九段の降級が決定していました。名人を2回獲得(2000-2001年)していますが、何といっても、2002年に当時の羽生棋王から棋王を奪取して、羽生棋王の12連覇を阻止したのが印象深いです。その後何回かタイトルに挑戦したのですが、奪取できず。

山九段がB級2組というのが信じられない。すぐ、B級1組に返り咲くことでしょう。

意外だったのは、昨年B級1組に昇級した菅井王位と斎藤七段の両若手の不振。菅井王位は羽生王位からタイトル奪取。斎藤七段も羽生棋聖の挑戦者となりました。今期の降級は1名なので残留が確定していますが、通常なら降級してもおかしくない成績です。

B級1組は「鬼の棲家」と言われ、2015年にNHK将棋トーナメントで優勝した若手の村山七段でも残留できなかったクラスなのです。一筋縄ではいかないクラスですが、2人とも最終戦を白星で終えて来期頑張ってもらいたい。

ちなみに、A級に昇級するのは糸谷八段。竜王を失ってから後輩に先を越された感がありますが、ぜひA級で頑張ってほしい。

ということで、来月の順位戦には目が離せません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村