自由になりたい~セミリタイアへ向けて

セミリタイアに憧れています。投資・健康面の話題など日々の生活で感じたことを中心に書いていこうと思います。

羽生二冠の竜王挑戦

羽生二冠が竜王に挑戦

羽生二冠が先週8日の竜王戦挑戦者決定戦に勝ち、渡辺明竜王への挑戦権を手にしました。なんと七年ぶり。あと一期で「永世竜王となってからずいぶん足踏みしていました。

ちなみに将棋界では、タイトルを一定期間保持すると「名誉~」とか「永世~」の称号が与えられます。

羽生二冠の場合、ウイキペィディアで調べたところ、次の称号を保持しています。

1 永世名人~通算5期以上 2 永世王位~通算10期か連続5期以上

3 名誉王座~連続5期か通算10期以上 4 永世棋王~連続5期以上

5 永世王将~通算10期以上 6 永世棋聖~通算5期以上

7 名誉NHK杯~NHK杯将棋トーナメント通算10回優勝

改めてすごいと思います。残る一つは「永世竜王」。連続5期か通算7期以上が条件となります。しかし、2002年に防衛に失敗してから、竜王から遠ざかっています。

渡辺竜王にも頑張ってほしい

さて、相手方の渡辺竜王は、なんと初代永世竜王。羽生二冠との対戦成績は互角のはず。竜王棋王の二冠王ですが、最近、若手の活躍に押され、目立たなくなったような気がします。

将棋ファンも本人も現状に満足していないでしょう。やはり「中学生棋士」の一人として、加藤一二三谷川浩司羽生善治のように「名人」になってほしいと思います。

竜王戦に向けて

2008年度の竜王戦は、羽生vs渡辺の対局で、勝者が「初代永世竜王」になるというタイトル戦でした。渡辺竜王は、3連敗後4連勝してタイトルを防衛しました。

どちらが勝つにしても、第7局(両者とも3勝3敗ということ)までもつれ込んでほしいです。世紀の大熱戦を期待しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村