自由になりたい~セミリタイアへ向けて

セミリタイアに憧れています。投資・健康面の話題など日々の生活で感じたことを中心に書いていこうと思います。

タイに住むリタイアプアの日本人

最近、外こもりという言葉を聞かなくなった気がします。

物価が安い低い東南アジアへ移住し、特に何もせず暮らしている。また、定年退職後、海外で年金暮らしをする。そんな人達がいるのを知ったのは、今から10年までしょうか。タイのバンコクは、まさに「外こもり」の聖地という印象がありました。、

さて、最近のめざましい経済成長を受け、東南アジアの国々と日本の格差が埋まりつつあるなか、今日、目にとまったのが次の記事。

jbpress.ismedia.jp 

記事の出だしは、衛生と秩序の観点から、バンコクの屋台を撤去するというもの。お安く食べられる屋台が無くなるのは寂しいですね。この記事では、最近の物価高騰を受け、タイにすむ日本人の年金受給者のなかには、生活に困窮する人がいることに言及しています。記事の中には、こんな内容も。

特に今、タイで日本人のリタイアプアが多く住む地域は、チェンマイだ。そのため、日本の高齢化と同じように、チェンマイで日本人の高齢化、"老人ホーム化"が進んでいる。

 バンコクの生活をあきらめ、地方に移住している人がいたり、日本人同士のトラブルが多発していることも・・・。この記事の3ページ目はかなり衝撃的な内容です。

2年前、バンコクに観光に行ったとき、円安が進んでいたため、レストランによっては、私でも日本(札幌)のほうが安いかも思いました。

物価が上がって生活できない・・・。日本円だけに頼る生活、収入源を一つに頼る生活はダメ、ということでしょうか。セミリタイアに憧れる私には、気になるニュースでした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村