自由になりたい~セミリタイアへ向けて

セミリタイアに憧れています。投資・健康面の話題など日々の生活で感じたことを中心に書いていこうと思います。

介護労働者も海外で働く時代?~国際化時代の新たな課題

最近、海外在住日本人のツイートやブログを読んで、驚いたこと

何かというと、

認知症になった日本人が、現地の言葉(英語など)を忘れ、日本語しか話せない。

その結果。日本語のわからない配偶者と子供が、コミュニケーションがとれなくなる。

今まで考えたこともなかったです。海外に住んでいない限り、絶対に直面しない問題です。ちなみに、私自身、介護関係の仕事の経験はありません。

ただ、高齢になった海外在住日本人のために、海外で働く日本人介護労働者が増えると思っていました。

新興国と日本の経済格差は縮まっているので、いつか、給与も日本以上になります。

介護関係の仕事は、「海外勤務」とは無縁な感じがしますが、これからは違ってくるでしょう。

そして、同じ事は、日本在住の外国人と結婚した日本人にも当てはまります。

英語・中国語なら通訳を頼めそうですが。例えば、中国なら、家族・親戚を本国から呼び寄せるかもしれません。

国境を越えて、人が移動することが当たり前になった時代、外国人労働者・介護・国籍や永住権など、新たな課題が浮かび上がってきたと感じます。

世の中どうなるかわかりません。自分の働く場所を広げるためにも、特に若い人は、英語をしっかり勉強すべきと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村