自由になりたい~セミリタイアへ向けて

セミリタイアに憧れています。投資・健康面の話題など日々の生活で感じたことを中心に書いていこうと思います。

タイに住むリタイアプアの日本人

最近、外こもりという言葉を聞かなくなった気がします。

物価が安い低い東南アジアへ移住し、特に何もせず暮らしている。また、定年退職後、海外で年金暮らしをする。そんな人達がいるのを知ったのは、今から10年までしょうか。タイのバンコクは、まさに「外こもり」の聖地という印象がありました。、

さて、最近のめざましい経済成長を受け、東南アジアの国々と日本の格差が埋まりつつあるなか、今日、目にとまったのが次の記事。

jbpress.ismedia.jp 

記事の出だしは、衛生と秩序の観点から、バンコクの屋台を撤去するというもの。お安く食べられる屋台が無くなるのは寂しいですね。この記事では、最近の物価高騰を受け、タイにすむ日本人の年金受給者のなかには、生活に困窮する人がいることに言及しています。記事の中には、こんな内容も。

特に今、タイで日本人のリタイアプアが多く住む地域は、チェンマイだ。そのため、日本の高齢化と同じように、チェンマイで日本人の高齢化、"老人ホーム化"が進んでいる。

 バンコクの生活をあきらめ、地方に移住している人がいたり、日本人同士のトラブルが多発していることも・・・。この記事の3ページ目はかなり衝撃的な内容です。

2年前、バンコクに観光に行ったとき、円安が進んでいたため、レストランによっては、私でも日本(札幌)のほうが安いかも思いました。

物価が上がって生活できない・・・。日本円だけに頼る生活、収入源を一つに頼る生活はダメ、ということでしょうか。セミリタイアに憧れる私には、気になるニュースでした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

藤井四段29連勝達成

ついに記録更新。藤井四段が竜王戦挑戦者トーナメントで増田康宏四段を破り、29連勝。ずっと、ネットで対局を鑑賞していました。

live.shogi.or.jp

正直なところ、神谷八段が30年前に達成した28連勝を更新できる棋士が出てくるとは思いませんでした。

藤井四段が先手で、増田四段が後手。戦法は相掛かり。

藤井四段が先行し、増田四段が反撃、うまく藤井四段の飛車を捕獲できましたが、そこからの藤井四段の攻めが見事でした。角と桂だけでうまく攻めをつなげたのには感心しました。最後は、しっかり受けきって勝利

チェス・囲碁だけでなく将棋でも、(プロを含め)人間がコンピューターに勝つことが難しくなっています。それでも、人間同士がしのぎを削って勝利を目指すプロの世界の魅力がなくなることは無いと感じます。

藤井四段が、今後どこまで記録を伸ばせるか、どんな新記録をだせるか注目が集まるでしょう。

将棋ファンのほとんどは、A級八段、名人挑戦を期待していると思います。強さを維持できてこそトップ棋士です。今後の活躍を期待しています。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

一つの時代の終わりと始まり

将棋ファンにはたまらないニュースがありました。

昨年、14歳2ヶ月でプロになった藤井聡太四段が、デビュー以来勝ち続け、30年前に神谷広志八段が達成した28連勝に並びました。

藤井聡太 - Wikipedia

記録更新に期待がかかります。

中学生でプロになった棋士は、加藤一二三谷川浩司羽生善治渡辺明に続いて5人目。もうすでに、タイトル戦で、羽生善治と対戦する姿が浮かびます。

ちなみに、次に達成して欲しい記録は、

 18歳A級八段

毎年、順位戦を昇級すれば夢ではありません。これは、最近引退した加藤一二三九段しか達成できていない偉業です。達成できる可能性は限りなく低いですが、期待したいです。

さて、先ほど話題にした加藤一二三九段。ついに引退。

加藤一二三 - Wikipedia

6月20日の竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段に負けて引退が決定しました。

長い間、トップクラスの棋士として活躍。私が子供の頃に見た、NHK将棋トーナメントでの羽生善治戦は印象に残っています。

中原誠永世十段が脳内出血で引退しなければ、もっとベテラン対決を楽しめたかと思うと少し残念。内藤國雄、有吉道夫といった他のベテラン棋士が引退するなかで、60年以上もずっと現役で頑張っていました。お疲れ様でした。

長い間、羽生世代を中心に回っていた将棋界にも、世代交代が迫っているように感じます。昨年、佐藤天彦が名人を獲得しました。今年は、斉藤慎太郎七段が棋聖戦の挑戦者になり、王位戦の挑戦者は、菅井竜也七段です。20代の棋士がどんどん活躍しています。

今後の将棋界の動向に目が離せなさそうもありません。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

住民税を納付しました

住民税の納付書が送られてきたので、金融機関で納付してきました。

確定申告の際、普通徴収を選択したので、そのうち納付書が送られてくるだろうと待っていました。

これで確定申告は終わりでしょうか。初めての確定申告だったので、ホッとした感じです。

来年も確定申告をすることになるので、口座振替の手続きをしようと思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

光コラボーレーション事業者の電話営業について

「光コラボーレーション」・・・。つい最近知りました。

ある日のお昼頃、家に電話が。。話を聞くと「光コラボレーション」の話でした。

光コラボレーションとは何か? NTT東日本のページを見るとこう書いてあります。

NTT東日本よりフレッツ光などの提供を受けた事業者様が、自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせて、
サービスをご提供するモデルを、「光コラボレーションモデル」といいます。

※本モデルによりサービスを提供する事業者様のことを「光コラボレーション事業者様」と呼びます。

※光コラボレーション事業者様がご提供するサービスについては、お客様と光コラボレーション事業者様とのご契約になります。

 

問題は、その電話営業があまりにひどかったこと。  「プロバイダーと回線サービスが一体化しました。」、「月々の料金が安くなります。」といい、専用サイトにアクセスさせ、強引に手続きをさせようとしました。

さすがに、「これから出かけないと行けないから、今は無理です。」と言ってその場から逃げた。それにしても驚いた。「光コラボレーション」のことをわからぬまま手続きをしそうになってしまった。

その後も電話があったのだが、幸運にも(?)体調不良で電話に出られなかった。

ちなみに、気になった点は次の3つ

  1. 光コラボレーションを解約できるのか 解約はスムーズに出来るのか
  2. 質は保証されるのか(通信速度などが遅くならない)
  3. 事業者が撤退した場合はどうなるのか

インターネットで色々調べてみたが、一部の業者の不適切な勧誘が問題になっているようだった。とりあえず、当分の間、「光コラボレーション」に転用しないで様子見しておくことにした。

残念なことに、電話営業の会社名、相手方の氏名を失念してしまった、今後も十分気をつけたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

振替納税のお知らせ

e-Taxを通じて税務署からのお知らせが届いた。どうやら確定申告の内容が認められて納税額が確定したようです。

投資・トレードの利益発生と医療費控除のために行った初めて確定申告の手続きも、どうやら無事に終わりそうです。後は、振替日に金融機関から引き落とされるか確認するだけです。

初めてということで、税務署から問い合わせが来たら答えられるのだろうか、と心配だったが一安心。

今年度も、体調に気をつけ、少しでも資産の増加を目指して頑張りたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

越えられない壁

電通の過労死事件を受けて、「働き方改革」だとか「プレミアムフライデー」とか言われていますが、そう簡単に変わるものではないでしょう。

うつ病などの精神疾患については、理解できない人には永遠に理解できないものと割り切る必要があります。

粘り強い、我慢強い人は、仕事が多少増えたぐらいでも根を上げずに仕事を片付けられます。このようなタイプの人は、メンタルで不調を訴えている人間など、「仕事をしない。」、「仕事から逃げている。」ぐらいにしか思いません。

「自分のつらさをわかってくれるだろう。」などという考えを持たないようにしましょう。わからない上司に、わかってもらおうとしても時間の無駄です。自分が思っているように相手が動くわけがありません。

ツラくなったら早く病院に行くことです。初診で「うつ病」など診断がつくケースでは、本人が病院に行かず、相当我慢していたと思われます。もっと早く病院に行くべきです。

一生に一度しかない人生。台無しにされたくないですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村