株とビットコインで現状打破~人より早くリタイヤしたい

セミリタイアに憧れています。投資・健康面の話題など日々の生活で感じたことを中心に書いていこうと思います。

仮想通貨の値動きを上回ったトルコリラ

注目されるトルコリラの値動き

一部のメディアで、仮想通貨より値動きが大きくなったと書かれてしまったトルコリラ。事態は悪化の一途をたどっているようです。

トルコ・リラ、ボラティリティーがビットコインを上回る - Bloomberg

さて、新興国金融危機が来ると、案の定、仮想通貨に資金を逃避させる動きが出てきます。私としても、米ドル、ゴールド、ビットコインの3つは、日本に金融危機が来た時に備え、保有し続ける方針です。決して他人事と思ってはいけないと思います。

jp.cointelegraph.com

トルコ国民は米ドルが大好き?

広瀬隆雄のマーケットハックの記事から。中央銀行がリラの買い支えできないのは、外貨準備が足りないから、というのはトルコの現状がわからなくとも想像がつきそうです。

markethack.net

驚いたのは、次の文章

なお救いとしてはトルコの国民はドルが大好きで普段からドルを貯め込んでいるということでしょう。
銀行への預金もドルでおこなっている場合が多いです。
これを専門用語で言えばトルコ経済そのものが「ダラライズ」されているということです。
このためトルコの銀行にはドル預金は比較的潤沢にあり、むしろリラ預金が不足しています。したがって短期でドルをリラにスワップすることでリラのニーズを充足させる場合も多いです。
またトルコの銀行はリラ預金に対するリザーブ・リクワイヤメントをドルで払うことも許されています。 

要は、自国通貨を信じていないということでしょう。そんな国の通貨を、高金利だからと言って買ってはいけないということです。

他人事と思わないように

私の印象だと、南アフリカランド ブラジルレアル メキシコペソ あたりが昔からの高金利通貨という印象があります。実際に、これらの新興国金利通貨にいわゆるスワップ目当てで投資して成功した人いるのでしょうか。

相場状況が一変すれば、スワップの利益など為替の下落であっというまになくなります。含み損のまま我慢しても、高レバレッジだったら、強制ロスカットされて終わりです。私自身、FXで失敗した部類の人間ですが、さすがに新興国通貨は避けました。(よく仮想通貨買えたねと言われそうです。)

ただ、日本も借金いっぱいあるのでどうなるかわかりません。トルコと同じことが起こるかもしれません。自分の資産を守って、増やすにはどうすればいいか知恵を絞らないといけません。増やすより守るほうが大変なのかも。大変な世の中になった気がします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

英語に悪戦苦闘

外国の友人

私には、マレーシアに住んでいる中国系の友人がいます。社会人になってから、外国人の文通相手を探すサイトで彼と知り合いました。何人か文通相手がいたのですが、今でも文通が続いているのは彼だけです。

彼とは、年に数回文通して親交を深めています。文通を始めて、もう20年近く経つでしょう。私の英語力では、なかなか手紙が書けません・・・。

英語のおかげで浪人回避

受験で英語が予想以上にできたため、奇跡的に現役で大学に合格しました。英語は嫌いだった(必要性を感じなかった)のですが、英語を勉強しておいて損はないかな思うようになりました。

そこで、ラジオの英会話を聞き、英字新聞を読み始め(全部は読めない)、トーイックを受験しました。トーイックの点数は600点を超えました。(ただ今のトーイックと試験内容は違うと思います。)

大学に行った最大の成果は、英語を忘れなかったこと

私がビットコインを知った2014~2015年頃、マスコミの仮想通貨関連の記事は、かなりひどいものでした。

そこで、英語の勉強と情報収集を兼ねて、英語の記事にチャレンジし始めました。主な情報源は、CoinDesk(コインデスク)です。ツイッターのアカウントもあります。興味のある記事を、少しでも多く読むように頑張っています。

twitter.com

カタコトでしか話せない程度の英語力です。知らない単語もありますが、何とか読み続けられています。 

2017年4月以降の仮想通貨バブルでは、得体のしれないコインを勧めてくるあやしいツイートやパチンコやギャンブルのようなノリのツイートが溢れていました。そんなツイートに惑わされることはなかったです。

今思うと英語を完全に捨てなくて良かったと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

日本発の金融危機?

日本国債に異変?

定期的に内容をチェックしている池田信夫ブログ、次の記事が大変気になりました。

池田信夫 blog : 出口戦略は総力戦

あなたがソロスだったら確実にもうかる方法 – アゴラ 

アゴラの記事で、次のように書いています。

日銀は最近、一定のターゲットまで無限に国債を買う指し値オペをやり、7月30日には1日で1兆6400億円も国債を買った。今週の金融政策決定会合で黒田総裁が「0.2%までは金利上昇を容認する」と解釈できる発言をした直後に国債は大きく売られ、空売りも多かったという。

指し値オペとは、次のリンク先に書いてあるとおり、日本銀行が予め決まった価格(利回り)で金融機関から国債を無制限に買い入れるオペレーションのことで、長期金利を目標水準に強引に導く(抑えつける)ため「劇薬(奥の手)」と言われているようです。

指し値オペとは|金融経済用語集

今後の金利上昇は・・

こんな「劇薬」を用いないといけない国債市場は、どうみても正常ではないでしょう。

金利が上昇すれば、日本国債保有している人は損をするでしょうし、変動金利で家のローン抱えている人どうなるのでしょう。10年後、20年後、「かつて、金利が0.01%上がっただけで大騒ぎした。」と語り継がれるのかもしれません。

「ハイパー」になるかどうかわからないけど、結局インフレで、国の債務(借金と年金)を帳消しという結論になると思います。

これからインフレの時代?

池田信夫ブログでは、最後に次のように書かれています。

そのうち相場が暴落すると、日銀にも市中銀行にも評価損が出る。もし日銀が債務超過になると、一般会計からの支出が必要だ。政府と日銀のバランスシートを統合して「総力戦」でのぞまないと、危機は乗り切れない。

一方、アゴラの記事では、

 「国債は金融村が9割もっているから大丈夫」などと寝言をいう人がいるが、それは日本国債金利が異常に低く、リスクに見合わなかったからだ。金利が正常化するときが、投機筋のチャンスである。 

日本円しか持っていない人は、これからインフレで苦しむかもしれません。日本経済の終わりの始まりと言ったら過激すぎるかもしれませんが、今まで、デフレ、デフレと言っていた世の中が変わることでしょう。

まずはインデックス投資

定年まで20年ないけどインデックス投資を中心に考えています。FXでズッコケた後の10年間は、本当にもったいなかった。投資する気になれなかったので・・・。時間を味方につけられるのが、個人投資家の優位点なのですが。

ただ、仮想通貨で利益を出せたのが救いでした。

金融危機時には、もしかするとドルが普通に流通しているかもしれません。あと、ビットコインへの需要が増えると想定しているので、いつでも買えるようにしておきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

不動産投資をどうするか

いやぁ暑い。昨日、家に帰ってから何もする気がなく、いつもより早く寝た。だるくてしょうがなかった。

不動産を買うべきかどうか。

私は今年で45歳。あと30~35年は生きられそう。現在、地方暮らしで、札幌で働ける可能性は低いです。両親は借家暮らし。両親が亡くなった後、私がその借家に住めるわけがないので、退職後どこに住むかという問題が残ります。生活の利便性を考えたら、札幌しか考えられません。

前の記事でも書きましたが、知人に、「高齢の独身者」に家を貸す人は少ないと思う、と言われました。

中古マンションがいいかな・・・

高齢になったら、冬の除雪は無理なので、一軒家ではなく、マンションを購入。価格のことを考えたらローン組んで中古マンション。とここまで考えたけど、問題はこの先。

修繕積立金は?ローンを払い終わっても、修繕積立金を払う必要があります。しかし、築年数が長いほど修繕積立金の積立の滞納が目立つケースが多そうです。さすがに、マンションは入居者みんなのものなので、自分だけではどうにもできない部分もあるでしょう。

一軒家にも当てはまるのでしょうが、売ることを前提で考えないとダメっぽい。知人の話を聞く限りでは、ロケーションが命。中古マンションなら、築年数も考えないと後が辛そう。

知らないことが多すぎる

とにかく、不動産について知らないことが多すぎ。ロケーションが大事なので、札幌市内で興味のある地域を歩いて回ってみようと思います。

すぐに不動産を買うわけではないので、まず、お金を貯めて考えようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村